【生命保険による積立】

 

会社員であればさまざまな社会保障が充実していますが、

(会社員と比べると)フリーランスや個人事業主は

*『会社員が保障されている福利厚生がなくなります。』
*『仕事を休んだ場合、給与の保障はありません。』
*それまで「給与」としてもらっていたお金は、「売り上げ」という形になり、確定申告にて翌年の所得税を計算します。『節税や会計知識がないといけません。』

適用できる社会保障の内容が少ないのが現実です。

また、フリーランスの方は、
主に以下【3つのお金のリスク】を認識しておく必要があります。

① 自分が死亡した場合、遺された家族の生活費や教育費のリスク
② 就業不能になってしまった場合の生活費のリスク
③ 重篤な病気にかかってしまった場合の治療費に関するリスク

上記に備えて、やらなければならない内容が下記ございます。

↓ ↓ ↓ ↓

<①  退職金の積み立て>

・企業に勤めているときは、多くの会社で「退職金規定」というのがあります。
・ 中小企業だと平均1000万円、上場企業だと平均2000万円ほどの
準備がされています。

→『個人事業主の方向け』には、国の施策で「IDeco」、「NISA」等の投資信託商品や、生命保険会社の積立商品を活用してご自身で対策をしていくことが求められます。

<②  働けない時の対策>

 

・ 会社員であれば、病気などで休業しても給与の保障はありますが、個人事業主ではそれらの保障がありません。

→その対策として病気等で入院した際の民間の医療保険の見直しをする必要は高いと考えられます。

<③  節税の知識>

 

・個人事業主の方は、確定申告を行うことによって、その年の利益(翌年の所得税・住民税課税額)を計算します。
・ イデコ、ニーサといった投資商品を活用することで、税金の節約をしながら資産運用を行うことができます。

→しかし、それらの「メリット」、「デメリット」をしっかり押さえて正しく行っていく必要があるのと、個人で事業を行っていくにあたり、「節税の知識」をしっかりと学んでおかないといけません。

<④  会計、金融知識>

 

→これから、個人で事業を展開していくにあたり、一般的な金融知識の勉強が必要であるかと思います。これらを学んでいく上で、独自では不可能なため、

専門家にまずは無料でのご相談を行うことをオススメ致します。

https://lin.ee/c4X6xi6

まで無料でご相談をしてみて下さい!!